キネマの館

映画 いくつもの感動と出会い

原作フィリップ・K・ディックのSF映画作品集 ー12作品ー

スポンサーリンク

多くのSF作品の原作を作成していますフィリップ・K・ディック。SF好きなら必ず彼の原作作品を観ていいるはずです。原作を意識していなかった方はきっとこの記事を見て驚くはずです。

Philip k dick drawing.jpg

出典:フィリップ・K・ディック - Wikipedia

『ブレードランナー 2049』

2017年公開 

第一作が公開されてから35年、ついに続編が公開されます。嬉しいことに監督は変わらずリドリー・スコットです。「デッカードはレプリカントなのか?」という長年の謎が解明されるかもしれません。

『トータル・リコール』

2012年公開

1990年公開のシュワちゃん主演作品のリメイク版です。主演コリン・ファレルはCG技術も進歩しているのと役者さんのタイプも違うので、前回作とは全く違っています。

映画『トータル・リコール』感想 自分の記憶を書き換えられ別の人間に ※ネタバレあり - キネマの館

『アジャストメント』

2011年公開 

何者かによって日々の出来事が操作されているというSFミステリー作品。

『NEXT ネクスト』

2008年公開

数分先が見えるというとても面白い発想の作品です。実際にどうなるのか考えながら見ていると頭の中がぐるぐる回ってしまいます。 

『ブレードランナー ファイナル・カット』

2007年公開

1982年版、1993年ディレクターズカット版に続き公開された作品です。ディレクターズカット版では謎めいたユニコーンのシーンが加えられ、ファイナルカット版はデジタル処理が施されています。

『ブレードランナー ファイナル・カット』感想 2019年の未来都市を描いたSF傑作 ※ネタバレあり - キネマの館

『スキャナー・ダークリー』

2006年公開 

デジタルペインティングしアニメ風された作品です。

時代:近未来 場所:サブリナ ストーリー:政府が腐敗した社会には物質Dという名のドラッグが蔓延。人民の生活 - 基本的人権、人間関係 - はことごとく踏みにじられていた。キアヌ・リーブス演じる覆面麻薬捜査官は、このドラッグを根絶するため、ジャンキーの役を演じネットワークの奥深くに潜入していくが、やがて捜査官として、ジャンキーとしての自分を監視する事態に陥る。そして、彼の人格は徐々に、しかし確実に崩壊していく。ロバート・ダウニーJr.、ウディ・ハレルソン、ウィノナ・ライダー、ロリー・コクレン等が演じる友人たちもまた、人間不信から狂気の色を帯びていく。人格崩壊までのカウントダウン。オレを監視しているオレがいる。

【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信)|スキャナー・ダークリー

『ペイチェック 消された記憶』

2004年公開

機密保護の為に記憶が抹消される時代。記憶抹消前の自分からの謎のメッセージを解き明かしていきます。ゲーム感覚で面白い作品です。

『ペイチェック 消された記憶』記憶抹消・未来モニター技術が登場するSF作品 ※ネタバレあり - キネマの館

 

『マイノリティ・リポート』

2002年公開 

予知能力者が未来の殺人を予知し事前に殺人を防ぐ社会。ある日、犯罪予防局のアンダートン(トム・クルーズ)は自分が見知らぬ男を殺すところを予知されてしまう。
昆虫型ロボットが登場したりトム・クルーズの顔が大きくなったりと楽しみの多い作品です。

映画『マイノリティ・レポート』感想 殺人予防システム 監督スティーブン.スピルバーグ、主演トム・クルーズ ※ネタバレあり - キネマの館

『クローン』

2001年公開 

未来、地球は宇宙からの侵略者の攻撃により、防御シールドで覆われていた。
武器となる爆弾の研究開発をするエリート科学者スペンサー(ゲイリー・シニーズ)は、妻で医師のマヤ(マデリーン・ストウ)と幸せに暮らしていたが、ある日突然、保安局の責任者ハサウェイ(ヴィンセント・ドノフリオ)に捕らえられ、お前は宇宙人により作られたクローン人間で、体内に爆弾が仕掛けられていると告げられてしまう。果たして自分は人間なのか?
それともクローンなのか?スペンサーは人間であることを証明する為に逃亡を図るが...。
 

『ディレクターズカット ブレードランナー 最終版』

1992年公開

ディレクターズカット版では謎めいたユニコーンのシーンが加えられています。

 

『トータル・リコール(1990)』

1990年公開 

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の2084年を舞台にした作品。もし自分の記憶が偽物だったら、いったいどちらを信じればいいのでしょう。シュワちゃんの表情がコミカルで楽しい作品です。

『ブレードランナー』

1982年公開 

舞台は2019年11月のロサンゼルス。人間と識別が難しいほど精巧なレプリカント(人造人)が4年間という寿命を改良できないかと製造会社に潜り込む。捜査官ブレードランナーは潜りこんだ4体のレプリカントの解体(処刑)を命じられる。

言わずと知れたSFの名作です。観ればみるほどその世界に引き込まれていきます。
 
 
 
いかがだったでしょうか?TV放映されている作品がほとんどですので何作品かは観ているのではないでしょうか?原作者が同じと知ると納得する内容もありますね