キネマの館

映画 いくつもの感動と出会い

『ライフ』感想 最強の地球外生命体カルビン登場 ※ネタバレあり

スポンサーリンク

最近のSFスペース作品は、CG技術の進歩でとても綺麗に宇宙空間が観ることが出来ます。目を覆いたくなるようなえげつないシーンがありますので注意が必要な作品です。

 ポスター画像

作品情報

公開:2017年

時間:1時間44分

監督

主なキャスト  

医者:デビッド・ジョーダン(ジェイク・ギレンホール) 

f:id:kousuku:20170710004955p:plain

検疫官:ミランダ・ノース (レベッカ・ファーガソン) 

システム・エンジニア:ショウ・ムラカミ(真田広之) 

 宇宙生物学者:ヒュー・デリー(アリヨン・バカレ)

司令官:エカテリーナ・“キャット”・ゴロフキナ(オルガ・ディホヴィチナヤ)

航空エンジニア:ローリー・アダムス(ライアン・レイノルズ)

あらすじ

星で未知の生命体の細胞が採取され、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで極秘調査を開始した。しかし、生命体は次第に進化・成長して宇宙飛行士たちを襲いはじめる。高い知能を持つ生命体を前に宇宙飛行士たちの関係も狂い出し、ついには命を落とす者まで現われる。

ライフ : 作品情報 - 映画.com

 

感想

作品のタイトルが「LIFE」でしたので哲学的な深い意味も含まれているのかと思っていましたがSFスリラー作品でした。タイトル「LIFE」は、火星の生命乗組員の生命、そして地球の生命3つ生命を意味しているもの捉えました。

過去最強の生命体

今まで映画の世界では幾つもの地球外生命体が登場しました。「エイリアン」や「遊星からの物体X」、「プレデター」、そして今回新たに火星生命体カルビンが登場しました。このカルビンはこれまで最強ではないかと思うほど強く、弱点がないのです。

  • 単細胞であるが成長に伴い複数が1つの集合体を形成する。
  • 全身が筋肉で骨はなく全身に神経が張り巡らされていて脳の役割もする。人間よりも知能は高いと思われる。
  • 火炎放射で炎に包まれても焼けることはない。
  • 軟体なので狭い隙間でも入り込める。
  • 何本もある足で速度は非常に速い。
  • 炭素をエネルギーとし炭素を検知する能力は高い。
  • 環境適応能力が高く-110℃、無酸素でも冬眠状態で生き残れる。
  • 宇宙空間に出てもしばらくは体内に蓄えた酸素で生きていられる。 

残虐シーン

カルビンが人を襲うシーンは細かくリアルに撮っているので目を背けたくなります。特に乗組員の口から体内に進入し内部破壊していくシーンは口から無重力空間に血液が排出されるところまでしっかりと表現していてグロテスクにさえ感じます。宣伝文句にもなっている「砕く」とはニシキヘビのように締め付けて骨を砕くことです。このシーンも砕かれているヒューの表情をしっかりと描写していますので痛みがこちらにも感じてきます。

リアル無重力空間シーン

残虐シーンだけでなく宇宙の無重力空間をよりリアルに撮影しています。宇宙ステーション内を移動するシーンだったり、出血した時の血液の様子だったりと、ここは無重力空間なんだよと何度も訴えてきます。中でも真田広之演じるショウの軽快な動きは観ていて気持ちがいいものです。

それぞれの人間ドラマ

単なるSFスリラーではなく乗組員の何人かの人間ドラマも盛り込まれています。最も長く宇宙にいるデビッドはシリアで軍医をしていて、争いの絶えない地球へは戻りたくないという思いを抱いています。生物学者のヒューは事故によって不自由になった下半身の為この無重力空間の生活に辛さは感じていません。そして新たな生物が自分の症状を和らげる材料になることを期待しています。

メインになってはいないのですが、乗組員の心情が窮地に追い込まれた状況で、それぞれの行動を決定しています。

どこかで観たようなシーン

もうネタ切れなのか?

「エイリアン」、「アポロ18号」、「エウロパ」のシーンを思い出しました。特に生命体は段々エイリアンに似た姿に変態していきましたので途中からエイリアンと比較して観ていました。脱出艇でデビッドに襲い掛かるシーンはエイリアンでお決まりになったシーンです。分かってはいても「来るぞ、来るぞと」期待して身構えてしまいました。そういう映画だと思って観ればよりリアルに表現されている分、楽しめると思います。

意外な結末

全編通して意外な方向へと進んでいきます。観客の期待を全て裏切り人間の想う様にはさせないぞとでも言いたいようです。脱出艇で完全にヤられたはずのデビッドが生きていたりして、その後どうなるのかも気になります。続編あるのかな?もし作るんなら小学校から取った「カルビン」という名前は変えてもらいたいなー。

カルビンの知能は人間よりも上ですので生き延びる為にはいろいろな手を使ってきます。生命とは、生存能力が強いものが勝つということなんでしょう。

まとめ 

暑い夏、こういう時は背筋も凍るような恐怖を味わうに限ります。宇宙の美しい映像と未知の生物の恐怖を味わいたい人にはお勧めです。

最後にUS版のパンフレッドです。こちらの方が恐怖を感じますね。

 Life Poster

予告動画

youtu.be

関連記事

 こちらは真田広之出演のSF作品です。

www.kinemanoyakata.com

火星関連の作品です。

www.kinemanoyakata.com

www.kinemanoyakata.com