キネマの館

映画 いくつもの感動と出会い

マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが組んだ映画作品集 ー5作品ー

スポンサーリンク

ここ数日間、マーティン・スコセッシ監督とディカプリオが組んだ5作品を観てきました。スコセッシ監督はきっちりとした構図で撮影するので、演出がちょっと乱暴でも品のいい作品に仕上がります。そしてストーリー展開も速く2時間超えは当たり前なんですが、それほど長く感ません。

f:id:kousuku:20160805155622p:plain

 参照:マーティン・スコセッシ - Wikipediaレオナルド・ディカプリオ - Wikipedia

マーティン・スコセッシについて

どの監督もそうなんですが、気に入った俳優さんとは何度も組みます。レオナルド・ディカプリオと組む前は、ロバート・デ・ニーロと組んだ作品が多かったです。全42作品で9本のドキュメンタリーを引くと33作品です。内ロバート・デ・ニーロ出演が8作品、レオナルド・ディカプリオ出演が5作品です。13/33ですから約40%2人の名優と組んでいます。

作品一覧

赤字がロバート・デ・ニーロ紫字が、レオナルド・ディカプリオです

公開年 邦題 備考
1963年 君のような素敵な娘がこんなところで何してるの?  
1964年 It's Not Just You, Murray!(邦題不明)  
1967年 The Big Shave(邦題不明)  
1967年 ドアをノックするのは誰? 兼 脚本・出演
1970年 Street Scenes(邦題不明)  
1972年 明日に処刑を…  
1973年 ミーン・ストリート 兼 脚本・製作・出演
1974年 Italianamerican(邦題不明)  
1974年 アリスの恋 兼 出演
1976年 タクシードライバー 兼 出演
カンヌ国際映画祭 パルム・ドール 受賞
1977年 ニューヨーク・ニューヨーク  
1978年 American Boy: A Profile of Steven Prince(邦題不明) ドキュメンタリー映画
1978年 ラスト・ワルツ 兼 出演
ドキュメンタリー映画
1980年 レイジング・ブル 兼 脚本・出演
1983年 キング・オブ・コメディ 兼 出演
1985年 アフター・アワーズ カンヌ国際映画祭 監督賞 受賞
インディペンデント・スピリット賞 作品賞 受賞
1986年 ハスラー2  
1986年 世にも不思議なアメージング・ストーリーオムニバス作品)  
1988年 最後の誘惑 兼 脚本
1989年 ニューヨーク・ストーリーオムニバス作品)  
1990年 グッドフェローズ 兼 脚本・製作
ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞 受賞
1991年 ケープ・フィアー  
1993年 エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事 兼 脚本・出演
1995年 カジノ 兼 脚本
1995年 マーティン・スコセッシ 私のアメリカ映画旅行(仮題) ドキュメンタリー映画
1997年 クンドゥン  
1999年 マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行 ドキュメンタリー映画
1999年 救命士  
2002年 ギャング・オブ・ニューヨーク 兼 出演
ゴールデングローブ賞 監督賞 受賞
2003年 フィール・ライク・ゴーイング・ホーム  
2003年 The Blues ドキュメンタリー映画
2004年 アビエイター 兼 出演
2005年 ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム ドキュメンタリー映画
2006年 ディパーテッド アカデミー監督賞 受賞
ゴールデングローブ賞 監督賞 受賞
2007年 The Key to Reserva(邦題未定)  
2008年 ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト 兼 出演
ドキュメンタリー映画
2009年 シャッター アイランド 兼 製作
2010年 Public Speaking ドキュメンタリー映画
2011年 ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド ドキュメンタリー映画
2011年 ヒューゴの不思議な発明 兼 製作・出演
ゴールデングローブ賞 監督賞 受賞
初の3D映画
2013年 ウルフ・オブ・ウォールストリート 兼 製作
2016年 沈黙  

参照:マーティン・スコセッシ - Wikipedia

人物像

シチリア系イタリア移民の家に生まれ、マフィアの支配するイタリア移民社会で育ったため、その人格形成と作品の双方にはその出自が深く影響し、腐敗した矛盾に満ちた現実のなかでいかに人間としての倫理と善良さを実践できるか、それがしばしば不可能であることの苦悩を追求する映画が多い。また、そのなかでは人間の人間に対する無理解と不寛容の直接的表現として、リアルな暴力描写が重要な位置を占める。

引用:マーティン・スコセッシ - Wikipedia

ニューヨーク舞台を舞台にしたものが多く、暴力ものが目立ちます。女性受けしない作品が多い気がします。そういう意味では女性人気があるディカプリオとのコンビは良かったのかもしれません。

構想30年の『ギャング・オブ・ニューヨーク』が興業不振だったそうです。その後の2作品の『アビエーター』、『ディパーテッド』は本人が企画したものではないが大ヒットを収めたということです。彼ほどの経験の持ち主が満を持して臨んだ作品でも興業不振になってしまう映画の世界、制作費が膨大であるために怖いです。

 

レオナルド・ディカプリオについて

彼の出世作と言えば『タイタニック』ですが、その映画で余りにも王子様の印象が強く広がり、その印象をぬぐい去るまでかなりの時間がかかったように思います。

エコロジーに感心が強いようでエコロジー活動のWebサイトも立ち上げています。

leonardodicaprio.org

名前の由来

レオナルドの名は、母が妊娠中にイタリアの美術館でレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画を鑑賞している最中に胎児が強い反応を示した(腹部を蹴った)ことに由来する。

引用: レオナルド・ディカプリオ - Wikipedia

なかなか大胆な名前の付け方ですね。母親にしかわからないインスピレーションがあったのでしょう。絵画の世界ではなく映画の世界の人となりましたが...

作品一覧

紫字マーティン・スコセッシ作品

公開年 邦題
原題
役名 備考
1991 クリッター3 ジョシュ 日本未公開
1992 ボディヒート ガイ  
1993 ボーイズ・ライフ トバイアス・“トビー”・ウルフ シカゴ映画批評家協会有望俳優賞受賞
ロサンゼルス映画批評家協会ニュー・ジェネレーション賞受賞
ギルバート・グレイプ アーニー・グレイプ シカゴ映画批評家協会有望俳優賞受賞
ロサンゼルス映画批評家協会ニュー・ジェネレーション賞受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー助演男優賞受賞
ゴールデングローブ賞 助演男優賞ノミネート
アカデミー助演男優賞ノミネート
1995 百一夜 ハリウッド俳優 クレジット表記なし
クイック&デッド フェー・ヘロド(“ザ・キッド”)  
バスケットボール・ダイアリーズ ジム・キャロル  
太陽と月に背いて アルチュール・ランボー  
1996 ロミオ+ジュリエット ロミオ ベルリン国際映画祭男優賞受賞
マイ・ルーム ハンク  
1997 タイタニック ジャック・ドーソン ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
1998 仮面の男 ルイ14世/フィリップ ゴールデンラズベリー賞ワースト・スクリーン・カップル賞受賞
セレブリティ ブランドン・ダロー  
2000 ザ・ビーチ リチャード  
あのころ僕らは デレク  
2002 ギャング・オブ・ニューヨーク アムステルダム・ヴァロン  
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン フランク・W・アバグネイル  
2004 アビエイター ハワード・ヒューズ 製作総指揮
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)受賞
全米映画俳優組合賞主演男優賞ノミネート
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
アカデミー主演男優賞ノミネート
2006 ディパーテッド ビリー・コスティガン ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
全米映画俳優組合賞助演男優賞ノミネート
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
ブラッド・ダイヤモンド ダニー・アーチャー ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
全米映画俳優組合賞主演男優賞ノミネート
アカデミー主演男優賞ノミネート
2007 The 11th Hour ナレーション 製作
日本未公開
2008 ワールド・オブ・ライズ ロジャー・フェリス  
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで フランク・ウィーラー ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
2010 シャッター アイランド エドワード・“テディ”・ダニエルズ  
インセプション ドミニク・"ドム"・コブ  
2011 J・エドガー ジョン・エドガー・フーヴァー  
2012 ジャンゴ 繋がれざる者 カルヴィン・キャンディ  
2013 華麗なるギャツビー ジェイ・ギャツビー グレート・ギャツビー』の5度目の映画化
ウルフ・オブ・ウォールストリート ジョーダン・ベルフォート 兼製作
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
全米映画俳優組合賞主演男優賞ノミネート
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
アカデミー主演男優賞ノミネート
アカデミー作品賞ノミネート(製作者として)
2015 レヴェナント: 蘇えりし者 ヒュー・グラス 第36回ボストン映画批評家協会賞・主演男優賞[18]
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)受賞
放送映画批評家協会賞 主演男優賞受賞
全米映画俳優組合賞主演男優賞受賞
英国アカデミー賞 主演男優賞受賞
アカデミー主演男優賞受賞

参照: レオナルド・ディカプリオ - Wikipedia

 

 タイタニック以前の若い頃からいくつもの賞を授賞していたようですので、アカデミー賞授賞までの道のりはなおさら長く感じたのではないでしょうか。

スコセッシ監督とディカプリオが組んだ5作品

 年代順に並べるとこうなります。

  1. ギャング・オブ・ニューヨーク(2時間47分)
  2. アビエイター(2時間30分)
  3. ディパーテッド
  4. シャッター アイランド(2時間18分)
  5. ウルフ・オブ・ウォールストリート(2時間59分)

『シャッターアイランド』以外は全て2時間30分を超えます。

『アビエイター』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』は実在の人物を主人公としています。難しい実在の人物像をディカプリオは上手く演じています。

 

満足度で順位をつけてみます

1位 ウルフ・オブ・ウォールストリート

 ハチャメチャな成り上がり証券マンのジェットコースター人生をコミカルに描いています。R-18指定なのでお気をつけてご覧ください。

 2位 ディパーテッド

 香港映画『インファイナル・アフェア』のリメイク版です。マフィアに潜りこむ捜査官と警察に潜りこんだマフィアの手先の二人を描いたサスペンス作品。マッド・デイモの方が光っていた印象です。

3位 アビエイター

実在の大富豪、実業家、そして飛行家であるハワード・ヒューズの波乱の人生を描いた作品。飛行機に対する想いに馳せられ一切妥協しないその生き方は観ていて気持ちいい。

4位 ギャング・オブ・ニューヨーク 

 アイルランド移民とネイティブのギャング闘争の話。ちょっと残虐な場面が、痛々しかった。民主主義と移民政策による社会混乱をギャング闘争を踏まえて描いています。

5位 シャッターアイランド

 凶悪犯罪者を収容する精神科の刑務所シャッターアイランドでの脱走者捜索を描いた作品。最後にどんでん返しがあるのですが、本当と幻想と演出が分からなくなってしまい疲れます。1度は観る価値ありますが、二度はないと思います。

 

どれもいい映画何ですが、個人的に順位をつけてみました。

最後に、ディカプリオには、この中からアカデミー賞を授賞してほしかったです。

Amazonビデオ

予告編がご覧になれます。

ディパーテッド (字幕版)

ディパーテッド (字幕版)

 
アビエイター(字幕版)

アビエイター(字幕版)

 
シャッター アイランド (字幕版)