キネマの館

映画 いくつもの感動と出会い

人工知能(AI)がテーマの映画作品集 ー16作品ー

スポンサーリンク

最近、人工知能の話題が世間を賑やかしてします。映画でも人工知能を題材にしている作品は数多く出ています。今回は、私が観た人工知能を題材にしている16作品をタイプ分けして紹介したいと思います。

コンピューターの知能度を★で評価しています。 人間は★2つ(★★☆☆☆)くらいに位置付けします。

映画タイトル後の()内は、人工知能またはロボットの名前です。

f:id:kousuku:20160518161706j:plain

 (C)2014 Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

人間を支配するスーパー人工知能

トランセンデンス(ウィル) ★★★★★

公開:2014年

監督:ウォーリー・フィスター - Wikipedia

天才科学者ウィルの脳情報をまるまるアップロードし、すさまじい勢いで進化する。軍事、金融、科学技術、医療と人間が築き上げてきた情報を取り込み、やがて世界を自在に操作し始める。人間など全く相手にしない。 

画像1

トランセンデンス : 作品情報 - 映画.com

映画『トランセンデンス』感想 人工知能は人間を超えるかのだろうか - キネマの館

ターミネータ4(スカイネット) ★★★★☆

公開:2009年

監督:マックG - Wikipedia

人工知能スカイネットは自身を停止させようとした人類を敵とみなし、人類滅亡を企てる。世界中のコンピュータに分散され今後さらに進化を続ける。おなじみ人間型T-800も登場する。

画像1

ターミネーター4 : 作品情報 - 映画.com
映画『ターミネーター4』感想 2018年決戦の時、ジョン・コナーを救うのはハイブリッド型 ※ネタバレあり - キネマの館 

イーグル・アイ(アリア) ★★★

公開:2008

監督:イーグル・アイ - Wikipedia

テロリストとして容疑が掛かる人物を追い詰めた時、アリアの指示を無視して大統領が攻撃を加えた。そのことに対し制裁を加えることを決定したアリアは、何の関係もない2人に通信ネットワークを利用して指示を出し、大統領の暗殺を画策する。

イーグル・アイ : 作品情報 - 映画.com

『イーグル・アイ』感想 近い未来訪れるAI管理社会を描いたSFサスペンス ※ネタバレあり - キネマの館

アイ・ロボット(VIKI) ★★★☆☆

公開:2004年

監督:アレックス・プロヤス - Wikipedia

自由意志を持つロボットNS-5に人類を守るために人間の殺害を指示する。ロボット製作会社内でとどまったので★3つにしました。基幹知能とその知能にコントロールされるロボットが登場します。

f:id:kousuku:20170711230849p:plain

アイ,ロボット : 作品情報 - 映画.com
映画 『アイ,ロボット』感想 ※ネタバレあり - キネマの館

 

人型ロボット 

人型ロボットで注目するポイント別記事でまとめてあります。

映画 人工知能搭載の人型ロボットの注目ポイント - キネマの館

オートマタ(オートマタ:万能型) ★★★★☆

公開:2014年

監督:ガベ・イバニェス

あらゆる分野でロボットが活躍してします。分野ごとにロボットの顔が違います。自律型であるのですが、人間社会に適応させるための制約プロトコルが組み込まれていて人間に完全な服従となっています。ただプロトコルが組み込まれていない初期型のモノは完全に人間を超えていて、もう人とは付き合えないという感じになっいます。進化のスピードがトランセンデンスのウィルより遅いので★4つとしました。

f:id:kousuku:20170711232251p:plain

オートマタ : 作品情報 - 映画.com
映画『オートマタ』感想 人工知能と人間の行く末を描いた問題作 ※ネタバレあり - キネマの館

エクス・マキナ(エヴァ:恋愛)★★☆☆☆

公開:2015年

監督:アレックス・ガーランド - Wikipedia

恋愛型の試作段階ということもあり、完全に感情制御ができていない。最後に人間を殺し、男を裏切ってしまうので★2つです。不安定な感情があるところが人間に近いです。

f:id:kousuku:20170711231636p:plain

エクス・マキナ : 作品情報 - 映画.com
映画『エクス・マキナ』感想 人工知能(AI)を持つ女性型ロボットその恋の行方は? ※ネタバレあり - キネマの館

チャッピー(チャッピー:警察) ★★★☆☆

公開:2015年

監督:ニール・ブロムカンプ - Wikipedia

人型といっても機械がむき出しになっています。自律型で絵も描けて感情もありほぼ人間です。

画像1

チャッピー : 作品情報 - 映画.com
映画 『チャッピー』感想 感情を持った警官ロボット ※ネタバレあり - キネマの館

アンドリュー(NDR-114) ★★☆☆☆

公開:1999年

監督:クリス・コロンバス - Wikipedia

ほとんど人間になってしまった。

最後は整形で人間になってしまいます。

f:id:kousuku:20170711233709p:plain

アンドリューNDR114 : 作品情報 - 映画.com
映画『アンドリュー』感想 感情型ロボット やさしい気持ちになれる映画 ※ネタバレあり - キネマの館

EVA(エバァ:子供型) ★☆☆☆☆

公開:2011年

監督:キケ・マイーリュ

未完成品で自分をコントロール出来ない少女のロボット。見た目は人と変わらない。

f:id:kousuku:20170711232601p:plain

こちらは別のロボット

EVA エヴァ : 作品情報 - 映画.com
映画『EVA<エヴァ>』感想 自律型ロボット ※ネタバレあり - キネマの館

A.I(デビッド:子供型) ★☆☆☆☆

公開:2001年

監督:スティーヴン・スピルバーグ - Wikipedia

EVAと同様未完成品で感情のコントロールが出来ない。子供のロボットは人間と一緒で感情のコントロールが出来ない。

他にも様々なロボットが登場します。

f:id:kousuku:20170711233305p:plain

A.I. : 作品情報 - 映画.com
映画 『A.I』感想 原案キューブリック、監督スピルバーグ ※ネタバレあり - キネマの館

秘書型(恋愛も可能)

サーバー型でどちらかというとSiriとかに近いです。

her/世界でひとりだけの彼女(サマンサ) ★★★☆☆

公開:2013年

監督:スパイク・ジョーンズ - Wikipedia

秘書型の人工知能だが感情が発達していて恋愛もする。641人と恋愛できるので人よりも知能が上。

画像7

her 世界でひとつの彼女 : 作品情報 - 映画.com

映画『her/世界でひとつの彼女』感想 自我をもつ人工知能 ※ネタバレあり - キネマの館

宇宙

宇宙を舞台にコンピューターを題材にしている作品も多いです。人間服従がたなので知能度は抑えられています。

2001年宇宙の旅(HAL) ★★★☆☆

公開:1968年

監督:スタンリー・キューブリック - Wikipedia

木星探査の宇宙船の制御を行っていたが乗組員と対立してしまう。感情の芽生えがありましたので★3つにしました。

2001年宇宙の旅 : 作品情報 - 映画.com

映画『2001年宇宙の旅』感想 スタンリー・キューブリック作品 ※ネタバレあり - キネマの館

サンシャイン2057(イカロス) ★★☆☆☆

公開:2007年

監督:ダニー・ボイル - Wikipedia

太陽消滅の危機を回避するために飛び立ったイカロス2号の制御を行う。最終判断は人間にゆだねられています。人間としては扱いやすい優等生。対話型です。

サンシャイン2057 : 作品情報 - 映画.com
映画『サンシャイン2057』感想 太陽に核をぶち込む ※ネタバレあり - キネマの館

サイレント・ランニング(ヒューイ、デューイ)☆☆☆☆

公開:1972年

監督:ダグラス・トランブル - Wikipedia

言われたことを確実にこなすが自律性が薄いので★1つにします。プログラム改良で怪我の治療も出来るようになります。

f:id:kousuku:20170712002423p:plain

サイレント・ランニング : 作品情報 - 映画.com

月に囚われた男(ガーティ)  ★☆☆☆☆

公開:2009年

監督:ダンカン・ジョーンズ - Wikipedia

月の資源開発で人間の管理・サポートを行っている。人間(クローン)に叱られているので★1つです。  

月に囚われた男 : 作品情報 - 映画.com

映画『月に囚われた男』感想 SFクローン人間 Netflix配信 ※ネタバレあり - キネマの館

軍事型

ステルス(EDI) ★☆☆☆☆

公開:2005年

監督:ロブ・コーエン - Wikipedia

無人ステルス機EDIが落雷を受けて暴走する。知能が暴走をしてしまいます。

f:id:kousuku:20170712000053p:plain

操縦席が青色に光っているのが無人ステルスです。

ステルス : 作品情報 - 映画.com

人工知能に関しての記事