キネマの館

映画 いくつもの感動と出会い

2017年公開

『セブン・シスターズ』感想 ノオミ・ラパスが1人7役を演じる近未来SF作品 ※ネタバレあり

1人7役のこれでもかというほどのノオミ・ラパス満載の映画です。人口増加、環境汚染、食糧危機で対策を打たなくてはいけなくなった近未来のSF作品です。

『猿の惑星:聖戦記』感想 猿vs人間の意外な結末 ※ネタバレあり

シリーズ9作目で、リブートシリーズ3作目。天才エイプ(類人猿)シーザーの最期の人類との闘いを描いた作品です。

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』感想 原作東野圭吾の感動ファンタジー作品 ※ネタバレあり

時空を超えて雑貨店のシャッター超しにやり取りされる悩み相談。原作東野圭吾の感動のファンタージー作品です。

『ダンケルク』感想 英国が一つになったダイナモ作戦 ※ネタバレあり

第二次世界大戦初頭、フランス港街ダンケルクを舞台にした戦争映画。監督は『インターステラ』、『ダークナイト』、『トランセンデンス』のクリストファー・ノーランです。

『エイリアン コヴェナント』感想 アンドロイドの欲望は人類の欲望 ※ネタバレあり

SFスリラー『エイリアン』(1979)の20年前の前日譚をリドリー・スコットがメガホンを取っての作品です。

『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』感想 ”ダーク・ユニバース”第1弾 ※ネタバレあり

トム・クルーズ主演の映画にはハズレはないだろうと思っていたのですが、レビューの評価も思わしくなくちょっと不安を抱えながらのIMAX3Dでの鑑賞でした。タイトルのマミー(Mummy)はお母さんではなくミイラのことです。

『ライフ』感想 最強の地球外生命体カルビン登場 ※ネタバレあり

最近のSFスペース作品は、CG技術の進歩でとても綺麗に宇宙空間が観ることが出来ます。目を覆いたくなるようなえげつないシーンがありますので注意が必要な作品です。

『美女と野獣(実写版)』感想 シンプルなストーリーに最高の主題歌 ※ネタバレあり

随分と遅くなりましたが、ディズニーの『美女と野獣』の感想です。ミュージカル映画としてはとても観やすかったです。

映画『メッセージ』感想 哲学的なSFミステリー作品 ※ネタバレあり

『メッセージ』を観てきました。ちょっと哲学的なSF作品で未来の映像と現代が混ざり合っていて、考えながらの鑑賞でした。

映画『沈黙 サイレント』感想

遠藤周作の「沈黙」をあの名匠マーティン・スコセッシ監督が手掛け、人間とはなにか?進行とは何か?社会とは何か?を問いかける重厚作品です。